医院名:みずき皮膚科クリニック 
住所:東京都足立区梅島1-13-18 原田ビル1F 
電話番号:03-5888-6961

AGA(男性型脱毛症)

TEL:03-5888-6961 診療WEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
TEL:03-5888-6961診療WEB予約

AGA(男性型脱毛症)

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症という意味です。思春期を過ぎたころから急に増える男性ホルモンの変化に伴い、頭頂部や生え際のいずれか、もしくは両方に薄毛の症状が現れます。薄毛の進行には個人差がありますが、早い方では20歳を過ぎたころから発症する場合もあります。
AGAは、遺伝や男性ホルモンの変化が原因といわれています。症状を放置していると、抜け毛がどんどん進行していき、薄毛が目立つようになります。おでこの生え際が後退している、髪にハリやコシがなくなった、地肌が透けて見えるようになったなどの症状に気がついたら、早めにクリニックへご相談ください。

 

AGAの仕組み

AGAは、遺伝の他に男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」が、大きく影響しています。髪の毛は、生えては抜けるを繰り返す発毛サイクル(毛周期)があります。このヘアサイクル(毛周期)には大きく分けて3つの時期に分けられます。

1.成長期 26年の期間をかけて、毛母細胞が分裂を繰り返しながら新しい毛が盛んに作られていきます。
2.退行期 2週間のうちに、毛母細胞の分裂は衰えていき、毛球が完全に退化していきます。
3.休止期 3~4か月程度、毛母細胞が活動を止めて成長を終えます。

AGAを発症すると、ジヒドロテストステロン(DHT)が毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体と結合して、成長期の毛髪に退行期や休止期に移行する信号が送られます。通常、成長期は2~6年の期間があるにも関わらず、ジヒドロテストステロンの影響によって、成長期が数か月から1年に短縮してしまいます。

毛髪が十分に育つことができずに退行期や休止期に変わるため、細く短い毛が多くなり、抜けやすくなってしまいます。毛髪が細くて抜けやすくなることで、薄毛が目立つようになっていきます。AGA治療では、成長期を正常に戻すことが重要となります。

AGAの治療

AGAは、薄毛であってもうぶ毛や毛包が残っているので、治療によって髪の毛が太く長く育つことが期待できます。
当院では、内服療法(フィナステリド、プロペシア、ザガーロの3種類)による治療を行っています。薬は、飲み続けることで徐々に効果が表れるため、最低でも3か月は服用する必要があります。6か月を過ぎても効果が表れない場合には、医師にご相談ください。

 

服用に関する注意事項

  • 肝機能障害のある方は、診察時に医師にご相談ください。
  • 女性の方、20歳未満の方は服用ができませんので予めご了承ください。妊娠中の女性が服用、もしくはお薬に接触すると、胎児(男子)の生殖機能に影響を及ぼす恐れがありますので、お薬の取り扱いには十分ご注意ください。
  • 服用中は、献血は控えてください。

副作用について

国内での臨床試験において、276例中11例(4.0%)に副作用が認められています。主な症状はリビドー減退が3例、勃起機能不全が2例などです。稀に全身倦怠感などの肝機能障害が起こる可能性もあるため、気になる症状が現れた場合は、すぐに服用を中止して医師にご相談下さい。

治療費

内容量 金額(税抜価格)
フィナステリド 1箱28日分 6,500円
プロペシア 1箱28日分 8,000円
ザガーロ 1箱30日分 9,500円