医院名:みずき皮膚科クリニック 
住所:東京都足立区梅島1-13-18 原田ビル1F 
電話番号:03-5888-6961

粉瘤・皮膚腫瘍

TEL:03-5888-6961 診療WEB予約
一番上に戻る
一番上に戻る
TEL:03-5888-6961診療WEB予約

粉瘤

皮膚の下にできる良性の腫瘍で半球状に盛り上がって触るとしこりのようなものがあります。毛穴(表皮)の下に袋状の嚢胞(のうほう)ができて、そこに角質や皮脂が溜まっている状態です。粉瘤は自然に治ることはなく、次第に大きくなっていきます。

 

感染していない粉瘤

痛みがなく硬いしこりのような粉瘤は感染の恐れがありません。すぐに外科手術で除去することができます。

治療法

外科的切除

局所麻酔をして、粉瘤の中のしこりを摘出して、切開した部分を縫合する日帰り手術です。手術自体は30分程度で終了し、その日にご帰宅することができます。翌日に消毒にいらしていただきます。手術部位や大きさによっては大きな病院へ紹介することがあります。
手術の日は、飲酒、入浴、患部へのお化粧は避けてください。患部をぬらさなければシャワーも可能です。後日、抜糸のためご来院いただきます。抜糸後は日常生活に制限はございません。手術の傷痕も半年~1年程度で目立たなくなります。(粉瘤の大きさや部位によって異なります。)

費用
健康保険適用となります。
※手術部位や粉瘤の大きさによって費用は異なります。

感染している粉瘤

感染している粉瘤は赤く腫れて痛みを伴いませんぶよぶよと柔らかくなることもあります。この場合、すぐに除去することはできません。粉瘤が敗れると臭いにおいを放ちます。

治療法

内服薬

軽い炎症が起こっている場合は、抗生剤の内服で治療をします。服用から数日で炎症が治まっていきます。感染が十分おちついたら、外科的切除(感染していない粉瘤の治療法)でしこりを取り除きます。
処方する薬の種類によって、費用は異なります。詳しくは医師にご確認ください。

切開排膿法

炎症が強い粉瘤の場合、粉瘤を切開して中にある膿をきれいに取り除きます。膿を取り除いたらガーゼで中をきれいに消毒します。数日、通院してガーゼ交換をおこない、粉瘤の中をきれいに消毒していきます。2~4週間ほどでしこりが小さくなってきたら外科的切除(感染していない粉瘤の治療法)でしこりを取り除きます。処方する薬の種類や処置によって、費用は異なります。詳しくは医師にご確認ください。

皮膚腫瘍

脂肪腫

皮下脂肪が一部増殖してしこりとして現れたものです。数年単位で少しずつ大きくなっていき、神経を圧迫して痛みを伴うこともあります。治療には手術が必要となります。

脂肪腫の治療

外科的切除
切開してしこりを取り除きます。局所麻酔で、手術中の痛みを抑えながら行います。手術自体は30分~1時間で終了し、その日にご帰宅することができます。手術部位や大きさによっては大きな病院へ紹介することがあります。
手術の日は、飲酒、入浴、運動は避けてください。患部をぬらさなければシャワーも可能です。後日、抜糸のためご来院いただきます。抜糸後は日常生活に制限はございません。手術の傷痕も1年程度で目立たなくなります。(粉瘤の大きさや部位によって異なります。)

費用
健康保険適用となります。
※手術部位や粉瘤の大きさによって費用は異なります。

汗管腫

目の周囲に白や褐色のブツブツの突起ができます。汗が出る汗管の細胞が増殖してできる良性腫瘍で、炭酸ガスレーザーによる治療を行いますが、数年で再発する場合があります。

治療法

炭酸ガスレーザー
患部を炭酸ガスレーザーで除去します。局所麻酔をするので施術中に痛みを感じることはありませんが、術後に少し腫れることがあります。治療後、少しずつかさぶたとなって剥がれ落ちます。翌日からお化粧が可能です。施術から一週間程度は患部に軟膏を塗布してください。
2週間後に経過観察のための診察を行います。

炭酸ガスレーザーのリスクや副作用について
・レーザーを照射すると一時的にかさぶたができる
・場所によっては、赤みが出たり色素沈着を起こすことがある
・照射した部分がへこみ、傷跡が残る場合がある

費用
健康保険適用となります。